処分される雑木に再び命を吹き込む木工作家さん

処分される雑木に再び命を吹き込む木工作家さん


木を回転させて削り出す「ろくろ挽き」

「ろくろ挽き」という木工技術をご存知でしょうか?文字通り「ろくろ」に木材をはめ込み、回転をさせながら木材を削る伝統的な技術です。長野県の南木曽や石川県の山中が「ろくろ挽き」を使った木工の有名な産地として知られており、同心円状に木を切削できる特徴を生かして、碗や皿、茶筒やカップなどが作られています。

そんな「ろくろ挽き」と「旋盤」で独特の作風の器を制作する、阿賀町在住の木工作家・山崎修さんの工房を訪れました。

DSC_0513

山崎さんが手掛けた酒器とカップ。拭き漆で木目を生かしている。

DSC_0525

手前は荒挽きをして乾燥中のお碗。奥が削り上がったお碗。

材料は伐採された民家の庭木

山崎さんが作る器の特徴は、材料に雑木を使っている点にあります。なぜ「雑木」を使うかについて尋ねると、「いい木を使うことが恐れ多いんです。100年生きてきた銘木を加工するのは、自分にはプレッシャーにもなるし、恐れ多くて…」と、木に対して実に謙虚な姿勢の山崎さん。

そもそも木工を始めたとき、知り合いの農家が敷地内のケヤキを切って処分する場に遭遇し、それを譲り受けたことがあったそうです。「処分されてしまう木がもったいないなあと思いましたし、その時『これで十分だ』と思ったんです(笑)」(山崎さん)。

そうして、伐採されて処分される県内の民家の庭木を譲り受け、それを乾燥させて加工するという独自のスタイルが確立されていったそうです。「雑木を切り出すのに自分も立ち会うこともありますし、知り合いから受け取る場合でもだいたいどこの地域のものか分かる木を使っています」(山崎さん)。県内の民家で切られた木を使い、器に加工して再び人の役に立つ物として世に送り出す。山崎さんの器には、素材にも独自のストーリーが感じられます。

DSC_0575

ろくろに材料を取り付ける山崎さん。

DSC_0583

常に笑顔の山崎さんだが、ろくろが回り出すと職人の顔に変わる。

DSC_0604

細かな削りかすを出しながら、木が粘土細工のように形を変えていく。

DSC_0565

乾燥中の木材。乾燥させすぎないことがポイントなのだそう。

DSC_0568

粗挽きをして再度自然乾燥をさせる。

DSC_0570

椿の枝の加工過程。枝が少しずつ器へ姿を変えていく。

雑木それぞれのクセを生かした器

そんな山崎さんが作り出す器は、ひとつひとつに雑木のクセが現れています。「僕は使う大きさに合わせて木を切っていくんですが、完成するまでどんな木目の模様が現れるか分からないんです。だから、時々死に節が出てきて穴が空いてしまうこともありますが…」と笑う山崎さん。また、縁の部分に木の皮を残す“ナチュラルエッジ”という技法を使ったり、あえて生の状態で木を削り、その後の乾燥による変形を楽しんだりもします。

「雑木の生きている感じが好きで、それをできるだけ残したい」とも山崎さんは話します。それらの器は、木でできた器と言うよりも、器の形をした木がそこにあるような、木本来の生々しさを強く感じさせるものです。

さらに、「最終的な美しさを意識して作っていますが、無意識に、薄く薄くしていかないと気がすまないようです(笑)。薄くすることでコップの中に水がいっぱい入れられたりと使い勝手もいいですしね」(山崎さん)。取材時に木のタンブラーでアイスコーヒーを出して頂きましたが、持ち上げたときの軽さと口に触れたときの優しい感触は、その薄さゆえに得られる体験でした。

DSC_0494

ナチュラルエッジでいびつさを出したカップ。

山崎さんが木工の世界に足を踏み入れたきっかけについて聞くと、「ある作家さんの個展で触った木の器の手触りがすごく良かったんです。すべすべ感やでこぼこ感など、感触がとても豊かで。手が『嬉しい!』と言っているようでした。子どもの頃木登りが好きだったんですが、その時の感触を思い出すような感じでしたね。…でも、高くて買えなくって(笑)。それで、自分で作ろうかなあと思ったんです」と、山崎さん。

クラフトフェアやアートイベントなど、さまざまなイベントに出店をする山崎さんですが、その時に出会える器は、その時にしか出会えない器です。雑木の器との一期一会がそこにあるように思います。

また、山崎さんは持ち込まれた木からも器をつくります。長く家族とともに成長してきた庭木を、やむを得ず切らなければならない。そんな場合でも、庭木を器に加工してもらえば、庭木との付き合いがその後も続いていきます。それは、その家族にとって強い思い入れを持って使っていける特別な器になりそうです。

器を通して木を感じさせる。山崎さんが作っているのは、そんな特殊な体験をもたらしてくれる器です。

DSC_0502

外側は灰色、内側は黒で塗り分けたカップ。

DSC_0530

漆塗りの工程途中の美しさを生かすため、中断してガラス塗料で仕上げた鉢。

DSC_0545

通常下地に使う「錆漆(さびうるし)」で仕上げた皿。

DSC_0539

心材の赤身がアクセントになった小皿。

DSC_0563

どんぐり型の根付け。(真ん中は本物のどんぐり!)

 

取材協力:工房るるの小屋 山崎修さん

〒959‐4636 新潟県東蒲原郡阿賀町石間4205
Tel・Fax 0254-99-2886

(写真・文: ハウジングこまち編集部 鈴木亮平)

Share