インテリア商社シンコールの、年に1度の総合展示会

インテリア商社シンコールの、年に1度の総合展示会


インテリア商社シンコール。こちらの会社では、住宅を始め、ホテルや旅館、病院や学校や公共施設など、さまざまな規模の空間のインテリア商品を扱っています。そのシンコールさんの新潟支社内にあるショールームでは、毎年7月に建設業者向けの総合展示会が行われます。

今年2016年は7月7日(木)8日(金)の2日間の開催でした。

DSC_1219

新潟市中央区船場町にある新潟ショールーム。この日は業界関係者向けでしたが、普段は一般の方もふらりと見学OK。

シンコールさんが手掛けるカーテンやカーペット、壁材や床材などの新商品が広いショールームにずらりと並びます。最新のトレンドを取り入れたデザインのものから、画期的な新しい機能を備えた製品まで、実に豊富なラインナップ。さらに、7社のメーカーがブースを出して、それぞれの新商品の紹介をされていました。一通りじっくりと見て回ると1時間30分~2時間は掛かるくらい内容盛りだくさんの展示会です。

まず順路の最初に登場するのが壁紙の「BIGACE」シリーズの新商品群。こちらの新しいカタログはこの春に完成したばかりで、アクメファニチャーとコラボレーションした、いわゆる「男前インテリア」と呼ばれるようなラフなデザインの壁紙なども注目です。こちらのカタログは、サンプル集ではなく、空間コーディネートをしたきれいな写真が豊富なので、カタログを見ているというよりもインテリア雑誌を眺めているような楽しい気分になります。WEBでも見られますので、気になる方はこちらをご覧ください。

DSC_1220

壁紙「BIGACE」のサンプル。アメリカ西海岸やブルックリンスタイルなどのラフなデザインが今年の特徴。

DSC_1226

このようなインパクトのある壁紙も、施工写真が付いているので仕上がりのイメージがしやすい。

 

次に登場するのは、カーテンの「Melodia」シリーズ。こちらのラインナップは、住宅用だけでなくホテル用も多いので、ラグジュアリーな雰囲気を感じさせる柄や色味も多く見られました。ホテル用のカーテンは住宅の場合は寝室などに良さそうですね。最近では外国人旅行者の増加に伴い和柄の需要が高まっているそうで、「日本らしさ」を感じさせるカーテンも多く見られました。また防炎仕様だったり、抗ウイルス加工が施されていたりと、安心できる機能が備わっています。

DSC_1229

こちらは竹柄。旅館やホテルはもちろん、一般住宅やマンションにも和風のコーディネートとしても使える。

DSC_1241

シルク調のボーダーカーテンは、好きな生地を好きな比率で組み合わせられるセミオーダー品。ボーダー柄は水平方向の広がりを強調させるのだそう。

DSC_1242

鮮やかな花柄のレースカーテンを内側に、遮光のシェードを外側にと、通常と逆に吊ることで、夜でもレースの柄を楽しめる組み合わせ。

DSC_1233

MelodiaシリーズはiPad用のアプリも新しくリリース。ビルダー向けですが、一般の方もカーテンを家でじっくり選ぶのに重宝しそう。

その次はロールスクリーンをはじめとした窓周りのインテリア製品を手掛けるトーソーさんのブース。こちらでは調光ロールスクリーン「ビジック」が展示されていました。ボーダー状のデザインで光を採り込んだり、完全に遮光にしたりできる製品で、操作性も簡単。詳しくはコチラをご覧ください。

DSC_1246

操作が難しい製品も多い中、こちらは驚くほど直感的に簡単に操作できる。

その次はブラインドメーカーのタチカワブラインドさんのブース。こちらのロールスクリーン「ラルク」は、フレームと巻き取り部分の隙間から光が入ってくるのを防ぐための「シールド」が標準で備わっています(上の方にある横長の部分です)。さらにこちらの製品は、リールが可動するので、真下に向けてチェーンを引かなくても、正面から引くこともできます。窓の前にものが置かれていて窓に近づけなかったりする場合も、ストレスなく斜めにチェーンを引っ張れる優れもの。昨年の展示会でもそうでしたが、タチカワブラインドさんは実にかゆいところに手が届く製品を開発されます、この繊細な感覚は専門メーカーならではかもしれませんね。

DSC_1251

手前に引けるというのがシンプルながら画期的。

そして、リンテックサインシステムさんの内装用3D装飾パネル「パロアレリーフパネル」。 三次元加工された珪酸カルシウム板にプリントが施すことができます。他にも壁紙に高解像度のインクジェットプリントができたり、すりガラスを好きなデザインでプリントできたり…と、プリント技術をインテリアに応用するのがリンテックサインシステムさんのユニークさです。

DSC_1255

3D形状のパネルに高精細のプリントが施されている。

その後は、シーアイリフォームさんの不燃化粧フィルム「ベルビアン」。浴室や水回りのリフォームの際に、撤去を伴う大掛かりな工事をせずに、壁の上にシートを張るだけで空間を刷新できるフィルムを開発しています。ホテルなどが取引先として多かったそうですが、最近では住宅リフォームとしての提案もしているそうです。パネルの左下部に記載されている工期比較を見れば、その手間&コストの違いは一目瞭然。7日かかる工事が3日で終わります。当然工事費も安くなるので、家計も助かりますね!

DSC_1257

建設業者向けですが、一般の生活者にもメリットが分かりやすい解説パネル。

その後も、男前インテリア風のブースや、

DSC_1262

レンガ調のクロスやダークトーンのタイルカーペットが落ち着いた雰囲気を演出。

カフェスタイルの店舗の実例ブース、

DSC_1266

黒板シートやマグネット壁を使った店舗ブース。

壁に天然石を張れる「スライストーン」、

DSC_1268

天然石なので、ひとつひとつ表情が異なるのも特徴。

裏地に厚いフェルトを張った踏み心地の柔らかいタイルカーペット、

DSC_1270

ホームセンターで売られている廉価品と比べると厚さの違いは一目瞭然。

自然光を拡散させることで室内を明るくするブラインド「アカリナ」、

DSC_1272

外からの光を拡散させるほか、店舗などでは内側からプロジェクターで外に向けて映像を投影するのにも使われるそう。

ペット用壁紙&クッションフロア、

DSC_1274

見切り材をつけることで、ペットの爪で傷みやすい下の方のクロスだけを交換できる提案。

拭き取り簡単なキッズ向けのジョイントクッション

DSC_1276

こちらは保育園などで使われるものですが、とても柔らかく、縁をスロープにしてるので転倒の心配も少ない。

フェルトバック付きで衝撃吸収性、吸音性も高いカーペットシリーズ「REGENCY(リージェンシー)」、

DSC_1280

1.5mmという業界最薄という床材「エミネンスリフォームフロア」、

DSC_1283

と、非常に盛りだくさんの内容でした。
総合インテリア商社ならではの幅広いラインナップは、これから新築やリフォームをする方の参考になるはずです(イベント時以外は見学は予約不要)。スタッフのみなさんがとても温かく、親切で丁寧なのにも安心します。

最後に展示会来場者へのプレゼントとして、シンコールさんのイス張り生地の余った布で作ったというオリジナルペンケースを頂きました。余った布も無駄にしないシンコールさんなのでした。

DSC_1286

 

取材協力: シンコール株式会社 新潟ショールーム

住所 〒951-8035 新潟県新潟市船場町2-3436-1

営業時間 平日 AM9:00~PM5:00、土日 AM10:00~PM5:00

休館日 水曜日・木曜日・年末年始・夏期休暇(詳しくはホームページ内参照)

TEL 025-227-5450

Share