上質なライフスタイルを提案する、新感覚のショールーム

上質なライフスタイルを提案する、新感覚のショールーム


訪れた人が豊かなライフスタイルを感じ、暮らしを考える場所

新潟市の物流の拠点である、西区流通センター。県内外の企業のビルや倉庫が集まるこのエリアの一角に、これまで新潟になかったタイプのインテリア&リフォームのショールームが5月30日にオープンしました。

こちらのショールームは「REFORM & INTERIOR act」。店舗デザインは香港資本の5つ星ホテル「ザ・ペニンシュラ東京」などの空間デザインで知られる橋本夕紀夫氏によるもの。2階建ての館内を彩るのは、日本製の家具や照明、インテリア雑貨で、どれも海外で高い評価を受けている選りすぐりのものばかりです。

こちらのショールームを運営する株式会社頸城建工の代表取締役・福田孝則さんは「ここはインテリアショップでもリフォーム店でもありません。上質なライフスタイルを提案することで、訪れたゲストの方それぞれの理想的な暮らしのイメージを引き出すことを目的としています」と話します。

では、福田さんが考える「ライフスタイル」や「暮らし」とは一体どのようなことを意味しているのでしょうか?

DSC_0075

1階の壁一面は展示棚になっており、さまざまな大きさの家具や小物が並んでいる。

DSC_0030

2階にはドリンクを飲みながらくつろげるスペースが。

DSC_0031

2階の一角はベッドルームのショールーム。正面の金箔を使ったアートは、デビット・スタンリー・ヒューエット氏の作品。

コンセプトは「NEUTRAL AND INDIVIDUAL」

住宅リフォーム事業で県内大手である同社は、「家の中に花を1本飾ること」もリフォームの一つと定義しています。ハードである建物を造り替えることだけでなく、暮らしを楽しむために小さな変化を起こすこともリフォーム。見方を変えると、住宅リフォームは手段の一つであり、それ以上に大切なのは自分にとっての美意識や価値観を持っていること、と理解することができそうです。

ショールーム「REFORM & INTERIOR act」に込められたコンセプトは「NEUTRAL AND INDIVIDUAL(誰でも受け入れられるようなニュートラルな存在でありながらも、個々の独自性を作り出せるような環境)」。何かを決めつけて提案するのではなく、ゲストがその価値を自由に感じられるように。そんな思いが込められています。それゆえに、空間も建築が主張するのではなく、そこに入るモノそれぞれの個性が生きるようなニュートラルなデザインとなっています。

同社が大切にしている「ライフスタイル」には、例えば飲み物を飲むとき、使うグラスによって全く違う気分をもたらすような繊細な感覚が含まれています。日常の小さなことの積み重ねや集合が暮らしの総体である、と言うと少し大げさかもしれませんが、「上質なライフスタイル」とは単に洗練されたデザインを取り入れることではなく、精神的な満足感や感動を伴うことを意味しているように思います。

DSC_0079

1階の奥にはゆったりとソファや照明が置かれている。

DSC_0083

棚一面にインテリア雑貨や小物が並ぶ。

 

海外で高い評価を受ける日本製プロダクトの数々

ショールームで取り扱っている製品は、大部分が日本製であると言います。そして、それらは日本各地に伝わっている伝統技術を生かしたものばかり。「ロンドンやパリ、フランクフルトなどの見本市で世界各国の家具や雑貨を見てきましたが、それらの場所でも特に高い評価を受けており、いいと思う製品は日本製のものばかりだった」と福田さん。大量生産されるコモディティ化した商品とは異なり、一つ一つがその地域性や職人のストーリーを背負うハンドメイドの工芸品。そこに現代的なデザインが施されることで、職人が生み出す価値を、グローバルに受け入れられる製品へと変換した品々が並びます。素材や質感、模様やフォルム、それぞれが固有の意味を持つ製品が、日常の一瞬一瞬にも特別感をもたらしてくれる。そんな力を持った製品がセレクトされています。

DSC_0039

ドイツに拠点を置く「suzusan」の照明。名古屋の伝統技術である有松絞りを用いた製品で、日本国内での取り扱いはここだけ。

DSC_0044

京都の「洛中高岡屋」の座布団。裁断、縫製、わた入れ、仕上げの工程を一つ一つ職人の手作業で行っている。

DSC_0066

「TIME & STYLE」のグラスシリーズ「RAISIN(レザン)」。

DSC_0058

「YOnoBI」の樺細工のパスタケース。

DSC_0046

青森産のブナを薄くスライスした「BUNACO」のペンダントライト。

DSC_0057

山形市の鋳物技術を使った「YOnoBI」のティーポット。

ゲストに心地よい時間を提供するさまざまな仕掛け

リフォームを通して、ゲストに感動レベルのおもてなしを提供することを重視する頸城建工。そのホスピタリティはこのショールームにも現れています。館内の所々に設置されたスピーカーから流れる穏やかな音楽や、2階に並べられたフレグランス、心地よい緑や光が彩るテラス、温かく親しみやすい接客など、ゲストの緊張をほぐしリラックスさせる演出が隅々にまで施されています。

暮らしを大きく改善したいと考えるときに、住宅購入やリフォーム、引っ越しなどに目が行きがちですが、そもそも自分が「どんなモノやコトに心地良さを感じ、心が動かされるのか?」に向き合うことも重要であると思います。言葉や数値では表しにくい繊細な感覚を、このショールームは体験を通して感じさせてくれます。

DSC_0055

柔らかく自然な音色が空間を満たす「M’s system」のスピーカー。照明や家具と同様に音楽が空間に与える影響力の大きさを実感できる。

DSC_0020

「SMP」のフレグランスがリラックスした空間をつくり出す。

IMG_2216

上質なリゾートホテルのようなテラス。(写真提供:REFORM & INTERIOR act)

取材協力:REFORM & INTERIOR act 

ハウジングこまち編集部 鈴木亮平

Share